キズやへこみが車買取査定に与える影響

     キズやへこみが車買取査定に与える影響

車買取査定を検討している時の心配事の1つに、キズやへこみが査定額に影響するのではないかという疑問があります。 車を買い取ってもらう時、自分が売った車がそのまま誰にも使われず、廃車・解体となるのであればそのような車体へのダメージは問題ではないと予想されるでしょうが、そうでなければ次にその車に乗る人がいるはず。 次のオーナーとなる人にとっても、キレイな状態、キズやへこみが無い車の方がやはり喜んで買ってもらえることでしょう。 そしてその分買取業者も商売がうまく運ぶ訳ですから、キズなどが無い方が良いに決まっている、と思い込むのが普通でしょう。

もちろん、キレイな方が良いには決まっていますが、実は、多少のキズ、へこみ、汚れは、査定にはほとんど影響しません。 と言うのも、買取業者の多くは自前で修理を行う設備が整っているのが普通であり、よほど修理不可能という状態で無ければ、割と簡単に、しかも低予算で修理して再販することが可能なのです。 当然、修理の技術もプロですから、買取金額をアップさせようとして素人の力で補修材を多用することなんかよりずっと仕上がりが良いのです。 査定前に、キズやへこみを隠そうと、下手に取り繕う必要は無いのです。 もっと言うなら、車がペチャンコになってしまうような大事故で無ければ、事故車であっても買い取ってくれます。

当然事故の程度で買取金額は変わって来ますが、軽度のへこみ程度なら、ほとんど買い取ってもらえるのです。 このように、案外勝手な思い込みをして、買い取ってくれないのではないか、値段が付かないのではないかと心配される方も多いのですが、思い立ったが吉日、気軽に査定を検討されてみてはいかがでしょうか。 ちなみに、買取査定業者によっては、自宅まで出張査定で車買取してくれます。 つまり、動かなくなってしまった車でも、もしかしたら値が付いて買い取ってくれ、しかも運んで行ってくれるかも知れないという、お得かつ便利なサービスもあります。 自分の考えだけであきらめてしまわずに、チャレンジしてみることが大切であると言えますね。